革の種類と特徴

  
 ログイン・ログアウト     会員登録

     
革の種類 特徴
【牛革】
カーフスキン 生後6ヶ月前後の仔牛の革。しっとりとした手触りで、きめ細かく柔らかい。
※使用されているシリーズ:≫レーニアカーフ  ≫リプルカーフ  ≫ボックスカーフ  ボックスカーフ&リンピッドカーフ etc
キップスキン 生後6ヶ月−1年の中牛の革。カーフより厚手なので丈夫な素材。成牛ではないぶんキズも少ないため、カーフについで上質。雄雌に関係なくキップと呼ばれている。
※使用されているシリーズ:≫シルキーキップ
≫シラサギレザー(表側)  ≫ペルラネラ
カウ・ハイド 生後約2年のメスの成牛革。キップより厚く強い。
ステア・ハイド 仔牛の頃に去勢された成牛の革。厚手なので耐久性に優れている。本革と言われる場合はこの製品が多い。牛革としては標準品質。
※使用されているシリーズ:
ブル・ハイド 生後3年以上の去勢されていないオス牛の革。キメは荒いが厚くて丈夫。
【馬革】
ホースレザー 薄くて軽い。 牛革と比べると密度や強度は低いが、柔軟性があるのでシワになりにくい。
 コードバン 馬のお尻の革。繊維が非常に緻密であるため、牛革の2倍の強靭さがあり丈夫で長持ちする。光沢のある美しい革で人気が高い。僅かにしか取れないので大変貴重な高級素材。
※使用されているシリーズ:≫オイルシェルコードバン 
≫ナチュラルコードバン
  ≫オイルシェルコードバン&ベジタブルタンニン(表側) 
≫オイルシェルコードバン&シラサギレザー(表側)

≫新コードバン&ベジタブルタンニン(表革)
 ≫アンフィニ  ≫ベルト
【山羊革】
ゴートスキン 銀面に特有の凸凹をもち耐磨耗性に優れており、薄くて柔らかい。
キッドスキン 仔山羊の革。ゴートスキンより柔らかい。高級素材。
【羊革】
シープスキン 薄く柔らかで軽い。キメが細かいので手触りが良い。
ラムスキン 生後1年以内の子羊の革。とても軽く柔らかい。その手触りの良さから高級手袋の素材とされる。
※使用されているシリーズ:≫コルデーロ  ≫ソフトラム&ピッグ(表側)
【鹿革】
ディアスキン 非常に柔軟なため型崩れしにくい。キメが細かく通気性も良いので耐水性がある。しっとりとした手触り。

※使用されているシリーズ:≫ディアスキン2
【豚革】
ピッグスキン 耐磨耗性に強く丈夫で通気性にも優れている。表面に3つずつの毛穴が開いているのが特徴。牛革に次いてで利用範囲が広い。唯一の国内供給が可能な革素材で海外にも多く輸出されている。ベッカリーと呼ばれていのは外国産の豚革。
※使用されているシリーズ:≫ソフトラム&ピッグ(内側) 
≫コルデーロ(裏地)
【爬虫類】
ワニ 美しい鱗模様が特徴。
クロコダイルが有名。
※使用されているシリーズ:≫マットクロコダイル ≫石ワニコレクション
≫ベルト(マットクロコダイル)
 ≫ベルト(カイマン)
トカゲ 丸斑模様のリング、縞斑のオーバルなど様々。輪模様のリングマークトカゲ(リザード)が有名。数が減っているので今後、貴重な素材。
※使用されているシリーズ:≫リザード(表側)  ≫ボックス&リザード(内側)  
≫ベルト(リザード)
ヘビ 美しい鱗が特徴。ニシキヘビが有名でダイヤ型の斑紋・模様がある事から別名ダイヤモンドパイソンとも呼ばれている。
※使用されているシリーズ:≫ピトン
【その他】
バッファロー 水牛の革。使い込むほどに艶が増ししなやかになります。牛革よりも肉厚で丈夫。バッファロー(水牛)ですが耐水性は通常の牛革と変わりません。バッファローカーフは仔水牛の革でキメが細かく滑らか。
※使用されているシリーズ:≫エヌビーレザー  
カンガルー 原産国はオーストラリアのみ。薄くて丈夫で軽い。キズが多いのも特徴で、キズの少ない革は高級素材。
オーストリッチ ダチョウの革。柔らかくしなやかで丈夫。羽を抜いた跡が丸く突起しているクイルマークが特徴。高級素材。
※使用されているシリーズ:≫ベルト
鮫の革。耐摩耗性が非常に優れている。鮫だからといって防水効果があるわけではない。加工できる業者が少ないので、爬虫類等のように貴重な素材とされている。また養殖も出来ない事から流通量も少ない。高級素材。
※使用されているシリーズ:
エイ 非常に硬く加工が難しいため高価。スティングレイの革はガルーシャと呼ばれており人気も高い。
鞣しの種類 特徴
クロム鞣し 合成剤(クロム塩など)を使って鞣す方法。柔軟性、弾力性、拡張性、耐熱性、染色性に優れている。
タンニン鞣しに比べ、鞣し期間が短く経済性に優れるため主流だったが、昨今の環境問題からタンニン鞣しが見直されている。
タンニン鞣し 天然の植物(木樹の渋抽出した天然剤)から抽出したタンニン(渋)で鞣す方法。30工程ほどの手間がかかりコスト高にはなるが、自然な風合いが楽しめ、使い込むほどに柔らかく艶(飴色とよく表現される)が出てくる。また、摩粍に強く型崩れもしにくい。
耐熱性はあまりない。ベジタブルタンニングとも呼ばれている。
現在使われている植物は、南アフリカ産のミモザから抽出したワットルエキス、南米のケブラチョから抽出したケブラチョエキス、欧米のチェスナットエキスから抽出したチェスナットエキスなどがある。
混合(複合)鞣し タンニン鞣し剤やクロム鞣し剤などを組み合わて鞣す方法。クロム鞣しをした後にタンニン鞣しをした野球グローブ用のグローブレザーなどがある。コンビ鞣しともいい、逆にタンニン鞣し後、クロム鞣しすることを逆コンビという。クロムとタンニンのそれぞれの長所を生かせる効果があります。
                   
仕上げ方の種類 特徴
ヌメ革 タンニンで鞣された自然な風合いの革。非常に丈夫で長持ちをします。 使い込むほど艶や光沢が出て、アメ色に変わっていきます。素材そのものを楽しめる素材です。
銀つき革 鞣して染色しただけの、銀面(表面)を活かした純正な革。
ガラス張り革 クロム鞣し後、ガラス板に張り付けて乾燥。銀面をサンドペーパーでバフがけ(削る)し、合成樹脂塗装を施した革。銀つき革に比べて革本来の風合いは劣りますが硬くてツヤがあり堅牢。
※使用されているシリーズ:≫ネーロ(内側)  
ロウ引革 パラフィン(蝋状物質)を表面に染み込ませる事により自然の艶や風合いが増してゆきます。
※使用されているシリーズ:≫シラサギレザー(内側)
エナメル革 クロムなめしした革の銀面に、厚く透明なポリウレタン塗装を施すことにより革に光沢や耐水性をもたせています。
※使用されているシリーズ:
スムースレザー 革表面をツルツルに仕上げたもの。銀面を活かしたものと銀面をバフがけして塗装仕上げしたものがある。
※使用されているシリーズ:≫ヴェント(表側) ≫ナイト&デイ(内側)
シュリンクレザー 鞣し工程中に、特別な薬品を使って銀面を縮ませた革。揉んだ革よりもしぼが強調される。
※使用されているシリーズ:≫フライヤーズスタイル(バック類)
ブライドルレザー もともと馬具素材用に開発された素材。タンニンで鞣した後、長い期間ロウに漬け込み革の繊維組織に多量に浸透させてつくられた耐久性のある強靭な革です。白く浮き出しているロウをブラッシングすることによって革本来の深い艶が出てきます。
※使用されているシリーズ:≫ベルト
グローブレザー 野球グローブに使用されている革。 しなやかで色落ちしにくい。手触りが良くソフト。
※使用されているシリーズ:
シラサギレザー 世界のトップタンナーしか使えないダッチキップ(オランダ)の中でも厳選されたブランドでもあるオークロというキップ素材のみを使用。タンニンとクロームのコンビ鞣しを選択することにより、繊維の詰まったシワの出にくい下地を作りあげた上で、表面にグレージングをかけてイタリア製の薬品にてナチュラルなアンティーク仕上げをして色に深みを出しています。
※使用されているシリーズ:≫艶クロコダイル&シラサギレザー(内側)  ≫シラサギレザー
ハイブリッドレザー 車のハンドル用として開発された素材。特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されてあり、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性、グリップ性に優れています。
※使用されているシリーズ:≫レンクラッド  ≫ベルト
ハイブリッドレザー
(ファイバーキュア)
車のハンドル用として開発された素材。特殊加工(ウレタン・エンボス加工)が施されてあり、通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性、グリップ性に優れています。
※使用されているシリーズ:≫シャッテン ≫メタ ≫ファイバーキュアウォレット 
≫ベルト
プロトコアレザー この素材はレーシングスーツの老舗ブランド、クシタニが独自に開発した特殊皮革素材です。その機能は特にレースの転倒時などに求められ、通常の皮革素材に比べ引張荷重度・引張伸度に優れています。また革の繊維にフッ素加工を施すことにより撥水機能(低吸水性)を実現し、水分(汗)などによるベタつきを少なくすることを可能にしています。
※使用されているシリーズ:≫ナーデル
アニリン仕上げ 革本来の模様がはっきりと出るように、透明感のある染料(アニリン)で仕上げたもの。グレードの高い高級革。
※使用されているシリーズ:ボックスカーフ&&リンピッドカーフ(内側)
アイロン仕上げ アイロンを軽くあてる事により革に艶と透明感を持たせます。
※使用されているシリーズ:≫エヌビーレザー
ラッカー仕上げ ラッカー液を染色した革の銀面にスプレーして、革に光沢や耐久性をもたせたもの。
※使用されているシリーズ:&リザード(内側)
メタリック仕上げ 表面を金属のようなメタリック調に仕上げたもの。
手揉み仕上げ 鞣した後、揉んでしぼをつけた革。高度な職人の手仕事の加わった価値のある貴重な革です。
※使用されているシリーズ:≫リプルカーフ
型押し 鞣した後、銀面に模様をプレスした革。ワニやトカゲなどハ虫類の模様が比較的多い。
※使用されているシリーズ:≫スフィーダ ≫エスカーラ 
≫タッセル ≫マーク ≫ビゴーetc
スエード 革の裏面をサンドペーパーで毛羽立て起毛させた革。毛足が短くソフトなものほど上質。
ヌバック 牛革の銀面をバフがけして仕上げた革。スエードよりケバが短い。
※使用されているシリーズ:≫ヴェント(内側)
ベロア 成牛革の裏面をバフがけした革。スエードよりも荒く、毛足が長い。
ボックスカーフ クロム鞣し後 顔料仕上げを施した素材。. 柔軟性と伸縮性に富み 使いつづけても表面に変化がでないのが特徴。
※使用されているシリーズ:≫ボックスカーフ  &リンピッドカーフ(表側)  &リザード(表側)
エコレザー 人と環境に優しいをテーマに世界的に繊維試験の中では最も厳しく、皮革製品では困難とされていた世界統一規格『エコテックススタンダード100』を取得した革です。
※使用されているシリーズ:
印伝(印傳) 上質な鹿革に漆(西洋では漆のことをジャパンjapanと呼んでいます。)で柄付した400年の歴史を持つ日本の伝統工芸品です。

※使用されているシリーズ: