ログイン・ログアウト     会員登録

リザード革の特徴や魅力とは

投稿日:2016年10月08日
リザード革の特徴や魅力とは

ウロコの模様が美しい爬虫類の革製品と言えばクロコダイルなどのワニ革をイメージしますが、斑の目が細かいリザード革(トカゲ革)も革製品の中では人気があります。ここではリザード革の魅力や特徴、種類の違いや型押しとの見分け方についてご紹介します。

リザード革の特徴

爬虫類の革製品はその独特の模様が特徴で、エキゾチックレザーともよばれています。爬虫類の革製品の代表格と言えばワニ革ですが、見た目のインパクトが大きく目立ってしまうので、普段使うことに躊躇する方も多いようです。一方リザード革は細かいウロコ状の模様が特徴で、見た目のインパクトが控えめなのがポイントです。ワニ革と同じく軽量で丈夫という特徴も併せ持っており、リザード独特の表情を楽しめるのも魅力の1つです。価格もワニ革と比べるとお手頃なものが多く、牛革では物足りない方にとってはぴったりと言えるのではないでしょうか。

リザード革の種類

リザード革に使われるトカゲは、日本に生息しているような小さい品種ではなく、数十センチから1mを超える大型のトカゲが使われます。主なリザード革の種類は以下のようなものがあります。

テグー

別名テジューとも呼ばれていますが、お腹に長方形の細かい模様があるトカゲで、バックカット(背中から切れ目を入れる)でお腹の模様を活かした製品が多く出回っています。斑の目が少し大きめになりますので、控えめながらもインパクト感が高い革と言えるでしょう。

ミズオオトカゲ(リングマークトカゲ)

ミズオオトカゲは体長が2mほどにもなる大型のトカゲで、ワニ革のように大型の革製品も作ることができる汎用性の高い革です。リザード革の中では最も高級な種類の1つで、別名のとおり丸い斑紋が並んでいるのが特徴です。財布や小物入れなどの小さいものから、ハンドバッグなどにも使われており、斑紋を活かした製品も多く出回っています。

ナイルオオトカゲ

リングマークトカゲと同様に大型のトカゲで、こちらも汎用性が高くさまざまな革製品に使われています。ウロコの模様はミズオオトカゲと似ている一方、目立つ丸い斑紋がないため、控えめでシンプルな革製品を好む方にとってはぴったりの素材です。

本革と型押しについて

リザード革には、本物のトカゲの革を使用した製品もあれば、牛革にプレス機で押し当ててリザード革に見立てた製品も多く出回っています。ここでは本物と型押し品の見分け方についてご案内いたします。

表記の確認

製品の表記を確認すると「リザード革」「トカゲ革」あるいは「リングマークトカゲ」など、トカゲに関する表記がされているはずです。「革」「本革」「レザー」とだけ表記されている場合は、牛革に型を押したプレス品と思ったほうがよいでしょう。心配であれば信頼できるお店の店員さんに尋ねてみたり、ネットショップであれば連絡して確認してみてください。

外観で確認

慣れている方なら艶や模様を見れば、本物か型押し品について見分けることができますが、最近は型押しの技術も向上しているため、素人に判別するのは難しいと言えます。簡単な見分け方として模様が均一になっていないかがポイントです。本物のリザード革は1匹ずつ形が違うので、似たような形状の斑にはなりません。

「エキゾチックレザーをつかってみたいけれど、派手なのはちょっと」という方には、模様もインパクトも控えめなリザード革がおすすめです。上記を参考にリザード革製品も検討してみてください。