ログイン・ログアウト     会員登録

有名ななめし革、加工レザーの種類を理解しよう!

投稿日:2016年10月08日
有名ななめし革、加工レザーの種類を理解しよう!

革製品を販売しているお店などを見てみると、色合いや表面の状態が違う革製品を目にします。革には多くの加工方法があるため、同じ素材でも仕上げ方によって全く違う印象になることから、その見た目や手触りなど、バリエーションが豊かという魅力を持っています。ここではさまざまなレザー加工(仕上げ)の種類についてご紹介します。

ヌメ革

ヌメ革はタンニンなめしを施し、型押しなどの加工をしていない革のことを言います。色は肌色から薄茶色で風合いがよく、とても丈夫で長持ちする特徴を持っています。またエイジング(経年変化)がしやすい革であるため、使い込むことによって色の変化や艶、光沢などを楽しむことができます。一方で水に濡れるとシミになってしまったり、日焼けや油汚れなどが目立ちやすい革でもあるため、取り扱いや保管場所には注意が必要です。

ブライドルレザー

ブライドルレザーは、もともと馬の鞍など馬具用に使われている革で、タンニンなめしを施した後、長期間蝋を染み込ませて耐久性を高めたレザー加工です。美しい光沢と、表面に浮かぶ白い粉(ブルーム)が特徴で、その高級感から近年人気が高くなっています。財布やベルトなど幅広い製品に使われています。

ボックスカーフ

仔牛の革(カーフ)にクロムなめしを施した加工で、美しい光沢と発色の良さが魅力です。また、使い込んでも経変変化を起こしにくいため、長い期間同じ状態を保てる特徴があります。その表面の美しさからバッグなどにもよく使われています。

アドバン仕上げ

いわゆる「ムラ感」を出す仕上げで、淡い色の革に濃い色の液で塗装を施し、意図的に濃淡をつけて不規則な色の変化をつけた加工方法です。主に靴に使用する革に使われていますが、カバンや財布、ベルトなどの革製品にも使用されています。

エンボス加工

エンボス加工は型押し加工とも言われており、皮をなめした後、革の表面に金型でプレスすることで、表面(銀面)に模様をつける製法です。ワニやトカゲの模様を模した金型で型押しすることにより、牛の革であってもそれらしく見せることができ、手軽に模様付きの革製品を購入できるメリットがあります。そのほか、個性あふれた革製品が作れるため、さまざまなデザインの型押し品が発売されています。

ハイブリッドレザー

1990年代に自動車業界からの要望により、車のハンドル用として開発された素材です。車内の過酷な条件下で耐えうる特殊加工が施されてあり、通常の染色革に比べ耐摩擦性、対光性、耐熱性、グリップ性に優れています。

ファイバーキュア

イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている素材です。光の当たり方による光沢の変化が独自の存在感をアピールします。
通常の染色革に比べ耐摩擦性、耐光性、耐熱性、グリップ性に優れています。、革製品とは思えないモダンなイメージで、財布などを中心にラインナップが豊富です。

プロトコアレザー

プロトコアレザーはレーシングスーツのブランド、クシタニが開発した特殊皮革素材で、従来の皮革に比べ引張荷重度・伸縮性に優れ、撥水性(低吸水性)に富んでいます。 レース時におけるライダーのフィット感や快適性を追求し開発された高機能天然マテリアルです。

このように昔から行われてきたレザー加工のほか、新しい技術を導入した加工方法など、今日では多くのレザー加工の種類があります。上記を参考にしてご自分に合ったレザー加工が施されている製品を選んでみてください。