ログイン・ログアウト     会員登録

コードバンって一体なに?高級レザーの魅力に迫る!

投稿日:2016年10月08日
コードバンって一体なに?高級レザーの魅力に迫る!

みなさんはコードバンという言葉を耳にしたことはないでしょうか。コードバンは革製品の王様、革のダイヤモンドとも呼ばれており、その卓越した強度と光沢、希少価値の高さから憧れの革製品として人気です。ここでは高級レザーの代名詞とも言えるコードバンの特徴とその魅力についてご紹介します。

コードバンってどんな革なの

コードバンは、馬革の中でも尻部分のほんの一部分からしか取れない“希少性”の高い素材です。臀部のみを使用しているため、1頭あたりに採取できる量が極めて少ないのが特徴です。
牛など、通常の革素材では皮膚表面の部分を使いますが、馬の尻の革には厚さ2mm程度のコードバン層という部分があり、実際に革にするために、革の裏側からコードバン層だけを削り出して使用します。牛など通常の革は二層構造になっているのに対し、コードバン層だけを使う革は一層構造になっているため、床と銀面(表皮)の隙間がなく、長期間使用しても劣化しにくい特徴を持っています。

コードバンの魅力とは

一般的な革と違い、コードバンは単層構造のため、長期間使っても革の劣化が少なく、高い耐久性と強度を持っています。また、経年変化を楽しむことができるのもコードバンの魅力の1つと言えるでしょう。
表面は繊維がとても細かいため傷がつきやすい面もありますが、独特な光沢感が美しい革です。
また、コードバンは希少価値がとても高いため、価格は少々お高めです。しかし、良いものを長く使うという観点ではとても理にかなっている素材であり、良いものをもっている満足感に加え、使えば使うほど愛着が湧く素材でもあるため、人とは違った革製品をお探しの方にはおすすめと言えるでしょう。

高品質なコードバンと言えば……

コードバンを手掛けるメーカーや加工会社はいくつかありますが、中でもキプリスが長年使用している「レーデルオガワ」のコードバンの仕上げは丁寧でレベルが高いことが知られています。
原皮からなめし工程までは別の国内メーカーが行い、寝かせた材料がレーデルオガワに届きます。ここからコードバン層が含まれる部分だけを切り落として小さくし、さらに特殊な液に漬けて強度と柔軟性を高めます。1〜2日天日乾燥を行い、皮の床面(裏側)からペーパー掛けをして余分な層を削り落とし、コードバン層だけを露出させます。最後に研磨をしてツヤを出せば完成です。
ここで製品別に染色を行い、茶色や黒など好みの色に仕上げて革製品メーカーに出荷されます。低価格のコードバン素材と比べ、工程においても妥協しないこだわりが、価格に等しい高品質を実現させているのです。

高級な革素材といえばワニ革などをイメージされると思いますが、滑らかな質感と光沢、強度を実現したコードバンもなくてはならない存在です。上記を参考にコードバンの魅力を頭に入れていただき、ご自分を格上げするアイテムとしてコードバン製品を選んでみてはいかがでしょうか。