ログイン・ログアウト     会員登録



押えておきたい!コードバンのお手入れ方法

投稿日:2016年10月08日
押えておきたい!コードバンのお手入れ方法

希少価値の高さと緻密な質感で革の王様とも言われているコードバン。靴や財布など、一度は手にしてみたい憧れのレザーですが、しっかりと手入れをすることで、その美しさを長く保つことができ、使えば使うほど色合いや艶にも味が出てきます。ここではぜひ押さえておきたいコードバンのお手入れ方法についてご紹介します。

使い始めは、乾拭きで。

靴やバッグと違い、財布などの小物はバッグやポケットに入れて使う事がほとんどなので、経年変化を楽しんで頂きたいという考えから使い始めは柔らかい布で乾拭き程度で充分です。

コードバンのお手入れに必要な道具

ブラシ

ブラシは革表面のゴミやホコリなどを物理的に取り除くアイテムで、定期的に掃除をすることで汚れやカビ、シミなどの発生を予防します。要は革表面のはき掃除だとイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。
革用のブラシはさまざまな種類があり、馬毛や豚毛など、動物の毛から作られているものもあれば、化繊で作られている人工毛の革用ブラシもあります。豚毛や人工毛は毛が硬く、ブラッシング力が強いため起毛革などの汚れ落としには使えますが、コードバンには強すぎて表面が起毛してしまうため向いていません。コードバンのお手入れには毛が柔らかい馬毛のブラシを準備するとよいでしょう。

クリーニングクロス

クリーニングクロスは革表面の乾拭きに使用したり、クリームやローションを塗り広げるために使用します。コットンなどの天然素材で柔らかいものを使用し、乾拭き用とクリーム、ローション用など分けておくとよいでしょう。革製品専用のソフトクロスなどがおすすめですが、なければ使い古しの綿でできた白いシャツなどでも代用できます。

皮革用クリーム

皮革用のクリームやローションを使うことでコードバンに栄養を与え、艶やうるおいが長持ちします。しかし、皮革用クリームには多くの種類があり、革の種類や色などによって正しいものを選ぶ必要があります。

コードバンの上手なお手入れ方法

普段のお手入れはブラッシングや乾拭きだけで充分です。特に手に入れて間もない頃は、軽くホコリやごみを落とす程度にしておき、ワックスやクリームなどはすぐ使わないようにしましょう。コードバンを含めて革製品全般は水濡れにとても弱く、濡れた場所がシミになりやすいです。濡れた際はすぐにクリーニングクロスなどで拭き取るようにしてください。
使い始めて半年から1年程度使用し、革が乾燥してきたと感じられた時に、クリームやローションで革の栄養分を補給します。クリームを直接革に塗るとムラやシミになってしまう可能性がありますので、必ずクロスにクリームをつけてなじませ、力を入れずに薄く伸ばすように磨きます。

おすすめのお手入れ用品

M.モゥブレィ「クリームナチュラーレ」

革用のクリームと言えば、ツヤ出しをメインとするタイプと、保革をメインとするタイプがありますが、M.モゥブレィ「クリームナチュラーレ」は天然油脂を多く含んでいるため、浸透性が高くツヤも出るという優れた革用クリームです。コードバンにはこれ1つあれば保脂もツヤ出しも効果があり、自然な仕上がりでコードバン本来の輝きを保つことができるため、おすすめのアイテムと言えます。

コロンブス「CORDOVAN CREAM」

コロンブス社から発売されている「CORDOVAN CREAM」は、ワックス成分の割合を多くし、逆に水分を抑えてあるため革表面にやさしく潤いとツヤを与えます。ツヤ出しに使用しているカルナバワックスは、ブラジル特産のカルナバヤシの葉の表面から採取されています。植物系ワックスでは一番光沢の出るワックスです。
※オイルコードバンには使用できません。

コードバン製品を手に入れたらクリーニングクロスはすぐに準備するようにし、頃合いを見ながら保脂用クリームを準備すればいいかと思います。良いものと長く付き合うためにお手入れは欠かせませんので、上記を参考にしっかりケアを行いましょう。