ログイン・ログアウト     会員登録

タンニンなめしの手入れ方法

投稿日:2016年10月08日
タンニンなめしの手入れ方法

革製品を長く使うためにも、お手入れは欠かせません。しかし革にはなめし方や表面の仕上げなどさまざまな製法があり、ご自分の革に合ったお手入れをする必要があります。そこで今回は、経年変化が楽しめるタンニンなめし革のお手入れ方法についてご紹介します。

タンニンなめしとは

動物の皮は、何も処理をせずそのまま使ってしまうと、腐敗してしまったり、固くなってしまうため、丈夫にして長持ちさせるために「なめし」という作業を行います。なめしの一般的な方法として、なめし液と呼ばれる特殊な液に皮を漬けますが、さまざまな液の種類があり、現在では「タンニンなめし」と「クロムなめし」の2つが主流となっています。
その1つであるタンニンなめしは、植物から抽出される渋の元であるタンニンを利用してなめしを行う方法です。手間と時間がかかりますが、革本来の色合いが楽しめ、型崩れしにくく丈夫、さらに染料の吸収もよいことが特徴です。また、エイジングと呼ばれる経年変化が楽しめるため、使えば使うほど色や表面の状態が変化し、革製品に味が出ることが人気のなめし方法と言えます。

タンニンなめしの手入れ方法

なめしてあるとは言え、革製品は動物由来の素材でできています。ですから人間の肌と同じような感覚でお手入れを行うとよいでしょう。まず、ゴミやホコリなどを取り除く道具として、革製品用のブラシを準備します。安いものだと化繊などの人工毛のブラシもありますが、革を傷めてしまう場合がありますので、馬毛の柔らかいブラシを準備するとよいでしょう。
普段のお手入れはブラッシングを行い、表面や隙間などにはいったゴミやカスをやさしく払い落とす程度で十分です。たかがゴミと思いがちですが、革はカビや微生物の影響を受けやすいため、それらが原因で変色しやすくなります。普段からブラッシングや乾拭きをする習慣をつけましょう。
革が乾燥してきたら、タンニンなめし用に使用できるケアクリームを準備し、柔らかいコットン生地のクロスに少量つけて革になじませます。(塗りすぎには注意)。水濡れは革製品の大敵であるため、雨の日の屋外では使用しないように心掛けましょう。