ログイン・ログアウト     会員登録



クラッチなどの小さいバッグにはどんな財布を選べばいい?

投稿日:2016年10月08日
クラッチなどの小さいバッグにはどんな財布を選べばいい?

財布は常に手に持っているものではなく、普段はカバンやバッグなどに中に入れておくものです。小さいクラッチなどのバッグに財布を入れる際は、大きさも考慮して財布を選ばないと、アンバランスになってしまったり、財布やクラッチを傷めてしまうこともありますので注意しなければなりません。ここでは小さいバッグに入れる財布の選び方についてご紹介します。

小さいバッグに大きな財布を入れると

大きな財布は使い勝手の良さや収納量の大きさの点でも優れており、女性を中心に人気があります。しかしクラッチなどの薄いものに大きな財布を入れてしまうと、パンパンになって見た目が悪くなるだけでなく、バッグのシルエットが崩れてしまったり、財布の変形の恐れがありますのでおすすめできません。
また、二つ折りの財布も見た目はコンパクトに見えますが厚みがかなりありますので、小さいバッグに入れると膨らんでしまい、取り出しにくいのはもちろんですが、こちらも生地を傷めてしまう可能性が高くなります。このようにバッグと財布は組み合わせも大切と言えますので、双方の大きさをチェックしながら選ぶことが大切です。

小さいバッグに合う財布とは

普段使っている長財布や二つ折りの財布では、豊富な収納量に対して大きく、厚くなってしまいますので、小さいバッグには、普段使いとは別に小さいカバン用のミニ財布を購入するとよいでしょう。小さい財布は小さいバッグに入れて使う方法以外にも、ちょっとした外出時にも使えますので、幅広い用途に使えるメリットがあり便利な財布です。
ミニ財布と言いましても、小銭だけが入るようなものでは使い勝手が悪くなってしまいますので、お札と小銭、必要最低限のカード類が収納できるものが理想で、できるだけマチが小さくなっているタイプをおすすめします。デザインは出し入れしやすいよう表面に凹凸が少なく、シンプルなものを選びましょう。

より小さいバッグをカッコよく持つためには

小さいバッグをカッコよく持つためには、入れるものを少なくすることが大切です。バッグの中に入れるものは財布だけではなく、スマートフォンや充電器、家の鍵、ハンカチ、化粧ポーチなどさまざまなものがあります。単に財布だけを小さくしても、ほかのものをたくさん入れてしまえば、あまり意味がありません。
財布を小さくしつつ、ほかの荷物を減らすことが大切ですので、全体のダイエットを心掛けましょう。例えば、ちょっとした外出であればスマートフォンの充電器は置いて行ったり、化粧品も最低必要なものだけにします。また、普段からキーケースに入れて鍵を持ち歩いている方は、キーケースを外して鍵だけにする方法も効果的です。このように各アイテムの荷物を少しずつ減らし、全体的な量を減らすことで小さいバッグでもかさばらず、見た目もスッキリしてカッコよく持つことができるでしょう。

小さいバッグは見た目がスマートでカッコいい反面、収納量が少なくなってしまうデメリットがあります。小さいバッグ専用のミニ財布を準備することはもちろんですが、全体的な荷物の量を少なくしてスッキリさせましょう。上記を参考に小さいバッグをお洒落に持ち歩いてみてください。